{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

文化的コモンズ | 佐々木 秀彦

4,180円

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者: 佐々木 秀彦 / 出版社: みすず書房 / 137mm×196mm / P664 / ハードカバー 成熟期にあるこれからの日本では、博物館や美術館はもとより、図書館、劇場・ホール、公民館、福祉施設、教育施設、アートプロジェクトなどの文化的な営みや文化資源の集積が、地域づくりの重要な役割を果たすのではないだろうか。文化活動が地域に新たな価値をもたらし、住民の自治を育み、地域づくりの基盤をなすことが期待される。 その流れにあって、近年、文化施設の総体を「文化的コモンズ」と捉え、議論をする機運が生まれている。この概念が分野の境界を越えて人びとを結びつけ、地域の活動に新たな価値をもたらしている。 本書は、日本の文化施設の成り立ちをふりかえり、役割や意義を論述するとともに、過去の例に学び、成功例を示し、新たなパースペクティヴを得ることをめざしている。 文化施設を拠点に形成される「文化的コモンズ」の姿を本格的に論じる、初の試論である。

セール中のアイテム