{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

ex-dreams もうひとつのミッドセンチュリーアーキテクチャ

残り2点

5,280円

送料についてはこちら

編集・企画: 福島 加津也 、 冨永 祥子 、 佐脇 礼二郎 / 寄稿・インタビュー: 権藤 智之 、 ロイド・カーン 、 ビクター・ニューラブ 、 セン・クアン 、 塚本 由晴 / 出版: ガデン出版 / 216mm×300mm / P272 Holz Bau から3年。ガデン出版の第2弾は、最も新しい建築素材であるアルミニウムに着目してアメリカ建築をリサーチした。アルミニウムを活用した住宅や高層ビルから徐々にアルミニウムの未来的イメージが独り歩きして、やがてグーギー建築と呼ばれるロードサイドのダイナーへ、さらにはポストモダン建築へと発展していく。モダンからポストモダンへの転換期にあたる19のアメリカ建築と4つの日本の事例を、写真と図面、イラスト、漫画によって紹介する。 こうした多様な建築の理解を深めるため、論考やインタビューも含まれている。建築生産、建築構法が専門の東京大学の権藤智之による論考。『シェルター』の著者であり『ホール・アース・カタログ』の編集者でもあったロイド・カーンへのインタビュー。グーギー建築を代表する建築家アーメー ・デイビズの現在のパートナーであるビクター・ニューラブへのインタビュー。建築史が専門の東京大学、ハーバード大学のセン・クアンとの座談。建築家の塚本由晴との座談。さまざまな人との対話を通して、この捉えづらい建築に迫ろうとしている。 《本書で取り上げる主な建築家とその作品》 ◆ゴードン・バンシャフト(アメリカ/ 1909-1990) マニュファクチャーズ・トラスト・ビル ◆ラファエル・ソリアーノ(アメリカ/ 1904-1988) グロスマン邸、シュールマン邸 ◆ルイ・アーメー、エルドン・デイビス(アメリカ/ 1914-1981、1917-2011) ノームズ・ラ・シエネガ店、パンズ・コーヒーショップ ◆ジョン・ロートナー(アメリカ/ 1911-1994) ガルシア邸、フィッシャー邸 ◆ルイス・カーン(アメリカ/ 1901-1974) エシェリック邸 ◆ロバート・ヴェンチューリ(アメリカ/ 1925-2018) 母の家 《Holz Bau について》 2020 年に発売され、2週間で完売したガデン出版の本。日本の出版としては初めて、その年の世界における建築本のベスト 10 を決める DAM(ドイツ建築博物館)Architectural Book Award で The Best Architectural Books を受賞した。 《目次》 002 はじめに アルミニウム 016 書籍「アルミニウム・イン・モダン・アーキテクチャー」再録 企業の夢 034 フェアフィールド・ゴールデン・ドーム 040 カワニール社工場事務棟 044 アルコア・ケアフリー・ホーム 052 レイノルズ・メタル社デトロイト支社 060 アルコア本社ビル 064 マニュファクチャーズ・トラスト・ビル 個人の夢 074 グロスマン邸 082 シュールマン邸 090 ダイマキシオン・ハウス 094 大智寺本堂 098 ソリッドとサーフェス    権藤智之 プラスチック 112 レイナー・バンハムの愛したオルトモダン    冨永祥子 120 フトゥロ 124 セキスイハウス A 型 128 ロイド・カーンと ex-dreams の時代    ロイド・カーン    × 福島加津也、冨永祥子、佐脇礼二郎 グーギー 144 雑誌記事「グーギーアーキテクチャ」 再録 150 ノームズ・ラ・シエネガ店 154 パンズ・コーヒーショップ 160 ユニオン 76 ガソリンスタンド 164 ダウニーのマクドナルド 170 ハングリータイガー保土ヶ谷店 174 近代の理想を実現すること    ビクター・ニューラブ    × 福島加津也、冨永祥子、佐脇礼二郎 オルトモダン 184 ガルシア邸 196 フィッシャー邸 200 アイクラー・ホーム 208 エシェリック邸 218 母の家 リフレクション 234 近代の理想の実現    セン・クアン    × 福島加津也、冨永祥子、佐脇礼二郎 246 あり得たかもしれない建築について    塚本由晴    × 福島加津也、冨永祥子、佐脇礼二郎 260 夢のシルエット    福島加津也

セール中のアイテム